石川の米で、石川の酒を造る。

酒米石川門がその夢をかなえました。

 

うまい酒を造るために特別に育成された、石川オリジナル品種の酒造好適米、それが酒米石川門です。「石川独自の米で、石川でしか造れない酒を造る」という長年の夢を現実のものにした酒米石川門は、石川の酒造会社、米生産者、農業研究者のコラボレーションから誕生しました。十数年の歳月をかけた品種改良や試験栽培の結果、酒米の命ともいうべき心白が極めて大きい、吟醸酒づくりにも適した、高品質の酒造好適米が生まれたのです。
平成20年、酒米石川門は酒づくりに理解のある4軒の酒米農家で栽培され、収穫された米は6社の酒造会社で米の味がしっかり伝わる純米酒や純米吟醸酒になりました。そして平成21年には、酒米づくりは石川県内5つのJAへ、酒づくりは14の酒造会社へと、石川門の輪は着実に広がっています。

 

 

 


 

杜氏の技が、その土地の味を引き出しました。

 

酒の香味を決めるものは、米と水と杜氏の技。どれひとつとして欠かせませんが、味や香りのもとになる成分は米からつくられるため、米はとりわけ重要な働きをします。良い酒造りと良い米づくりは一対のものです。

酒米石川門の酒は、互いに気心の知れた酒造会社と酒米生産者が協働でつくりました。土地の味がたっぷりしみこんだ酒米石川門を、丁寧に磨き上げ、土地の水で仕込み、時間をかけて低温発酵させ、米の味、土地の味を引き出しています。滋味とは地の味のこと。酒米石川門の酒は、身も心も石川の酒です。

 


 

つくり手の顔が見える米づくり・酒づくり。

 

石川県で育成した酒造好適米の生産者と、酒造好適米石川門で酒を造る酒造会社が集まり、酒米石川門の会を組織しています。どの酒も、米の生産地が分かる信頼の酒づくりと、石川の食材や料理とのマッチングを考えた、地域色豊かな酒づくりを追及しています。

 

酒米石川門の会は石川オリジナル酒造好適米石川門の魅力を引き出した新しい「石川の酒」を普及させるために、研究、開発、販売プロデュースを行なっています。また酒米石川門の会は、農商工連携をコーディネートし、「つくり手の顔が見える米づくり・酒づくり」に取り組み、「安全・安心、確かな品質」の酒を提供します。石川門の個性的な酒造りを、どうぞご堪能ください。

 

 


 

酒米石川門の会の認定基準

 

1.「酒米石川門の酒」と製品に表記するには、酒米石川門の会の認定が必要です。

2.「酒米石川門の酒の会」の認定基準は次の通りです。
①原材料に石川県産の酒造好適米「石川門」を、白米総重量の50%以上を使用した特定名称酒であること
②酒造会社と酒米生産者の農商工連携で品質向上を図りながら作られていること
③酒造会社ごとに酒米生産地を特定でき、産地名をラベルに表記していること
   (産地表記はできるだけ市町名にすること)
④地物の食材や料理との相性など、石川の食を楽しむ工夫がされており、それをラベル表記していること
⑤「酒米石川門の会」の統一封紙ラベルを酒瓶などに貼り付けていること
 

3.認定の手続きについて
認定を希望する酒造会社は、原材料などが上記の認定基準を満たしていることを証明する「移動簿」「経過簿」などの書類を、酒米石川門の会に提出し、審査を受けることとします。