酒仙のおはなし 第四話

 

 

 

酒を呑むにしても、あてなどつまみながら呑むと飽きがこんでよい。

 

酒は醗酵食品なんじゃから、醗酵したものが良く合うのー・・・。

 

漬物や味噌を使ったもの、チーズなんかも良く合う。

 

 

 

味わいの濃いものには、濃厚な酒

 

淡い味わいのものには、端麗な酒

 

 

 

日本人は受け入れる幅が広いから、早くにワインなんかを呑んでおったのー。

 

肉には赤ワイン、魚には白ワイン。

 

よくいっとったもんじゃ。

 

 

 

ただ料理の味付け次第では、逆転したりするんじゃが、

 

そこは日本人の固くなさじゃな。

 

基本は、ソースやたれの味に合わせればよいと聞いたことがある。

 

 

 

大吟醸などの、香りの華やかな酒に合わせる料理は難しいと嘆くお人がおるが、

 

クリームソース系のものにあわせると美味じゃぞ!

 

 

 

「野菜たっぷりのクリームシチュー」に吟醸酒は最高じゃ!

 

芋はジャガイモではなくサトイモが良いな。

 

 

 

これらの根菜類をお口にほおり込みながら呑む吟醸酒は格別じゃよ。

 

 

おい!酒ばっかり注いでいるお若い方。

 

 

悪いが、厨(台所)へ行ってクリームシチューは出来んか聞いてきてくれんか。

 

無性に食いたくなったわい。

 

 

あっ、芋はサトイモじゃぞ。サトイモ

 

 

 

 

では、またな。